「オールインクルーシブ」のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新年、明けましておめでとうございます。昨年は多くの方に、このコラムを読んでいただき、ありがとうございました。本年も皆様に楽しんでいただける内容をお届けしますので、よろしくお願い致します。

「オールインクルーシブ」とは?

さて、年末年始は旅行をして、のんびりと過ごされた方も多いのではないでしょうか?それとも、お正月は忙しくて、これからのんびりするという方もいらっしゃるでしょうか?

旅行をすると、ついつい観光してしまいがち。でも、のんびりしたい方におすすめなのが、「オールインクルーシブ」。これは、ホテル代金の中に食事代、施設利用料、アクティビティ参加料などすべてが含まれているプランのこと

主に、メキシコ カンクンやモルディブなどのビーチリゾートで多くみられ、最近では日本でもこのプランをとりいれるホテルが増えています。このプランで宿泊をすると、ホテル内ですべて完結し、追加料金を気にすることなく楽しめるので、お財布もクレジットカードも不要。のんびりしたい人には絶対おすすめのプラン!

そこで、このプランで具体的にどんなことが出来るのか、例として、あるホテルでの1日を見ながら、このプランで出来ることをご紹介しますネ!

ある1日の のんびりプラン

サンライズを見ながら、乾杯!

目覚めの1杯には「ミモザ」(=オレンジジュース入りのシャンパン)を。まぶしいほどの陽の光を浴びながら、ビタミンチャージ! もちろん、そのまま朝食も。 あまりお腹が空いていないときはコーヒーとフルーツだけ。お腹が空いているときは、パンケーキやベーコンもつけて。なんでも好きなものが食べられるなんて、夢のよう。

今日はどんな1日にしよう…なんて考えるのも、楽しい時間。大切な人と過ごしたり、時には別行動で好きなことをして過ごしたり。ホテル内という安心感があるからこそ出来る、過ごし方ですよね。

お部屋でモーニングサービス

着替えもメイクもめんどくさい!お部屋でゆっくり食事をしたい♡そんなときはルームサービスを。食べたいメニューを聞いてもらえるので、その時に食べたいものを伝えるだけ。パンやフルーツの種類、卵の焼き方も聞かれるので、自分の希望をしっかり伝えて♡

観光で朝早く出かける場合にも、便利なルームサービス。24時間対応なので、まだレストランが開いていない時間でも対応してもらえます。だから、朝食をしっかりとってお出かけすることだって出来ちゃうんです。

プールサイドでカクテル片手にリラックス

メキシコ プラヤデルカルメンにある「ブルーダイアモンド」というホテル

プールサイドでいただく、カクテルやフルーツももちろんプランに含まれていて、好きなものを好きなだけ♡メニューにないものは、作ってもらえる場合も。

紅茶を頼めば、何種類ものティーバッグが運ばれてきます。プールサイドで読書をしたり、眠くなったらごろりとお昼寝をして、起きたらフレッシュフルーツで作ったジュースで元気をつける…なんていうのも、とっても贅沢ですよね。ホテルによっては、クッキーブッフェまであるところも。ゆったりと過ごしていたら、ついつい手が伸びてしまいますよね。

アクティビティでリフレッシュヨガ

参照:GAHAG

のんびりした後は、ホテル内のアクティビティを満喫。海を見ながらのヨガで、心も体もリフレッシュ!アクティビティの数は10種以上。全てを体験したい場合は、何日いても足りないほど。ビーチリゾートならではのサーフィンやスノーケリングも、近くのビーチに移動して楽しむことが出来ます。必要な道具も、ほとんどのホテルで無償レンタルしてくれます。料理や語学のレッスンもあり種類豊富!何をやっても、どれだけやっても料金変わらず!そんなお得な旅が、オールインクルーシブでは可能になります。

その他、日本のホテルでは、和菓子作り体験などのアクティビティも。また、スパを受けることも出来るホテルもあったりと、そのホテルならではのアクティビティを楽しめるのも、魅力の1つですよね。好きなアクティビティが受けられるかどうか…ホテル選びの基準の1つにしてもいいかもしれませんね。

プライベートビーチをお散歩

ホテルからはすぐに、プライベートビーチに出ることが出来るので、砂浜をのんびり歩くことも出来ます。アクティビティを楽しんだり、お散歩から帰っておやつを食べたり…何にも縛られずに、自然を感じながら自由に過ごすことが出来るのが魅力。

パラソルも無料レンタル可能なので、例えば日陰に座って、ぼーっとしながらサンセットを見るなんて、忙しい毎日の中ではなかなか出来ないこと。まさに、「何もしない贅沢」を味わえるのがこのプランなんです。

ホテル内の移動は「カート」で

ホテル内はとても広く、「部屋」と言っても宿泊者ごとの建物1棟貸し。周囲は森のように木で囲まれていて、本当に静か。お部屋とレストランも離れているため、移動には、こんなカートを使うことがほとんど。これ実は、お部屋ごとに「バトラー」と呼ばれる執事がついてくださり、移動や何か欲しいものがある場合はこの、バトラーにお願いをしてカートを出してもらったり、欲しいものを持ってきてもらうことが出来るんです。

海外のホテルの場合、言葉の問題はありますが、ホテルによっては日本語を話せるバトラーがいることも。コンシェルジュと同じく、その土地の情報を熟知しているため、観光情報など、面白い話が聞けるかもしれませんよ。

ドレスアップして優雅なディナー

カートで移動した先には、こんな素敵なレストラン。もちろんここも、ホテル内!オールインクルーシブでの宿泊は、ほとんど歩くことがありません。利用できるレストランも複数あるので、雰囲気や食べたいものによって、レストランを選ぶのも楽しいですよね。

ホテルによっては、楽器の生演奏があるところも。ミュージックチャージもかからずライブが楽しめて、そのうえ美味しいディナーも味わえるんです。

レストラン内ではこんな食事をしても、ワインを何杯飲んでも追加料金なし。お腹がいっぱいになっても、「あれも食べたいなぁ…」と別腹…つい、頼んでしまいます。

いつもは値段を気にして頼めないメニューも、ここではいくらでも味わうことが出来ちゃいます。 普段食べない食材にもチャレンジ出来て、新しい世界が広がるかも。誕生日やハネムーンなど、記念日だということを伝えれば、豪華なデザートプレートだって作ってもらえます。

ムードたっぷりのバーで1日を振り返る

お腹いっぱいになったところで、食後は場所を移して、ムードたっぷりのバーでゆっくり。青い光とキャンドルの灯に包まれて、ベッドに入るまでのリラックスタイム。非日常の1日を振り返るには、最適な場所。

月の光に照らされて、ゆっくりとその日過ごした時間をかみしめていると、「帰りたくない」と本気で思ってしまいます。贅沢な時間で、これからの生活へのエネルギー補給をしてくださいね。

まとめ

日本でも増え始めたものの、まだあまりなじみのない「オールインクルーシブ」。北海道や沖縄をはじめ、静岡や愛知でも、この宿泊プランがあるようです。

お財布を気にせず、こんなに充実した1日を過ごせるのは、魅力的ですよね。ホテルのサービスを利用するほどお得になるプラン。普段は観光メインに旅行する人でも、ぜひ1度は試していただきたいプランです。思っている以上に充実した日を過ごすことが出来ますよ。そして、ホテルでのんびり過ごしたい…という方ももちろん、どんどん利用して、お得で充実した旅をしてくださいね。

※ホテルによって、サービスの内容、利用回数に制限があります。また、バトラーへのチップが必要な場合もあるので、事前に内容を確認していただくとよいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください