【気温別】長袖ワンピースが主役の秋冬コーデ5パターン!着まわしやすいアイテム紹介も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、AYAです。

朝晩で気温が大きく変わる秋は、何を着たらよいか困ることが多いシーズン。そんなときに1枚あると便利なのが、長袖のワンピースです。

そこで今回は、気温別に長袖ワンピースのコーディネートを紹介します。お出かけするときにはぜひ、その日の気温と合わせて参考にしてください♪

【気温別】長袖ワンピースコーディネート5パターン

 roomy by the sea(ルーミーバイザシー)小花柄長袖マキシワンピース/グリーン

ここでは、気温別に長袖ワンピースをつかったコーディネートを紹介します。お天気やアイテムの素材によっておすすめのコーディネートは変わるので、あくまで目安として参考にしてくださいね♪

【25℃~】長袖ワンピースを1枚で♪

 roomy by the sea(ルーミーバイザシー)ボホ刺繍コーラル長袖マキシワンピ

気温が25℃前後ある日は、軽やかな素材の長袖ワンピースを1枚で。夏から秋に変わる頃の日中なら、ワンピースの素材によっては暑いと感じる日もあるかもしれません。

袖口にゴムが入っているデザインは袖をまくりやすく、気温が高い日でもおすすめ。朝晩の冷え込みが気になる方は、ストールや薄手のカーディガンを持ち歩くと安心です。

【20℃~24℃】薄手のカーディガンを羽織る

コットンシボロング丈カーディガン/ホワイト

気温20℃前後の日に薄手の長袖ワンピースを着るなら、カーディガンを羽織るのがおすすめ。オーバーサイズのシャツを羽織れば、よりトレンドを取り入れたコーディネートに。

足元にはストッキングや靴下を履いて、パンプスやローファーを合わせれば、秋らしい雰囲気になりますよ。

【15℃~19℃】ふわふわニットやパーカーを羽織る

LAUT BLUE(ラウトブルー)ケイナマキシワンピース

15℃ほどになると、薄手の羽織では「寒い」と感じる人が多いはず。そんな日は、厚手のカーディガンやパーカーを羽織るのがおすすめです。

お天気によっては、マフラーやストールも持ち歩くと安心ですね。

【10℃~14℃】ジャケット、薄手のコートを羽織る

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)ダメージデニムジャケット

気温が10℃代になってきたら、本格的な冬支度が必要。裏地のある厚手のジャケットやトレンチコートを羽織りたくなるシーズンの到来です。

足元もタイツとブーツを合わせて、冬ならではのコーディネートを楽しんでくださいね。

【10℃未満】ニットをインナーに着る、冬物コートを羽織る

【SALE】roomy by the sea(ルーミーバイザシー)ケーブル編みタートルネックニットワンピース

10℃を下回ったら、ワンピースのインナーも欠かせません。保温素材のインナーを着たり、ニットを重ねて着るのがおすすめです。

そのほか、ニット素材のワンピースを選ぶ方法も◎。さらに気温が下がる日には、ダウンコートを着てしっかりと防寒対策をしましょう。

どんな気温でも着まわしやすい!おすすめ長袖ワンピース

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)オリエンタル柄の長袖マキシワンピース

ここからは、コーディネートによってどんな気温でも着まわせるワンピースを紹介します。着まわしの方法も合わせて紹介していきます。

冬のピュアホワイトコーデが叶う♡アルーアマキシワンピース

LAUT BLUE(ラウトブルー)アルーアマキシワンピース

ホワイトのワントーンワンピース。カットレースで立体感のあるデザインです。胸下切り替えで脚を長く見せる効果が期待でき、スタイルアップして見せてくれます。

丈の長さがたっぷりあり、ショートブーツとも相性のよい丈感です。

LAUT BLUE(ラウトブルー)アルーアマキシワンピース

袖口にゴムが入っていて、羽織を着るときにも袖がゴロゴロすることがありません。

切り替えが高い位置にあるおかげでどんな羽織ともバランスがとりやすく、ショートジャケット、ロングカーディガンも合わせやすい1枚。合わせる色にも困りません。

エアリー素材が季節の変わり目にぴったり♡フレアマキシワンピース

大人レディのフレアマキシワンピース

歩くたびにふわふわと揺れるエアリー素材で、夏から秋の変わり目には1枚で着たいワンピース。長袖デザインなので、秋から冬に移る頃にはニットをインナーにしたり、上着を羽織るのがおすすめです。

ボリューム袖や裾に向かって広がるAラインで、スタイルカバーしてくれるデザイン。

大人レディのフレアマキシワンピース

デニムジャケットやレザージャケットと相性がよい絶妙カラー。モノトーンが増えて暗くなりがちな秋冬の装いを、華やかな雰囲気に変えてくれます。

こちらの動画では、素材の軽さがよりお分かりいただけます。

柄物合わせもおしゃれにキマる!ボリューム袖マキシワンピース

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)シンプルなボリューム袖マキシワンピース

ふんわりと空気を含んだボリューム袖が可愛いワンピース。シンプルな無地のデザインで、柄物を合わせてもおしゃれな1枚です。袖口にゴムが入っていて、重ね着のしやすさもポイント。

チェック柄のジャケットを合わせれば、2022年のトレンドをおさえた秋らしいコーディネートが完成します。足元にはローファーやブーツがおすすめ。

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)シンプルなボリューム袖マキシワンピース

胸元は浅めのVネックカット。動いても下着が見えてしまう心配がないので、小さなお子様がいる方にもおすすめのアイテムです。保温性のある肌着を着ても見えず、重ね着も安心。

襟がないのでマフラーやストールを巻く場合も、首元がもたつきません。

ジャケットやコート合わせがおすすめ♡タートルネックニットワンピース

【SALE】roomy by the sea(ルーミーバイザシー)シンプルなタートルネックゆるニットマキシワンピース

シンプルなタートルネックのニットマキシワンピース。おうちでのリラックスタイムにも、おすすめの1枚です。締め付けのないデザインなので、ノンストレスでご着用いただけます。

お出かけで着るなら、パールのロングネックレスとジャケットを合わせれば、いっきに綺麗めのコーディネートにチェンジ!

【SALE】roomy by the sea(ルーミーバイザシー)シンプルなタートルネックゆるニットマキシワンピース

編地が細かく、軽くて暖かい着心地です。キャップやハットとも相性のよいほどよいシンプルさ。

アクセサリーやストールなど、合わせる小物によってがらりと雰囲気が変わるので、さまざまなコーディネートを楽しんでくださいね♪

本格的な冬に1枚は持っていたい♡タートルネックニットワンピース

オルテガ柄タートルネックニットワンピース

ずっと着ていたくなるような肌触りが自慢のニットワンピース。ポリエステル100%で、着心地が軽い点もおすすめのポイントです。

肌寒い日には1枚で着て、気温が下がってきたら保温性のあるインナーを着たり、コートを羽織ったりしてロングシーズンご着用いただけます。

オルテガ柄タートルネックニットワンピース

キャメルカラーも、秋冬らしさを演出。ブラウンやネイビーのコートとの相性がよく、上品で知的な雰囲気に見せてくれます。また、ブラックを合わせればクールでモダンな雰囲気に変わります。

胸元に大きな柄が入っているので、アクセサリーをつけなくても華やかな印象です。

気温によって着まわせるお気に入りの長袖ワンピースを見つけて♡

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)ブルー刺繍マキシワンピース

今回は、気温別に長袖ワンピースのコーディネートを紹介しました。長袖のワンピースは、どんな気温でも活躍してくれる優秀アイテムです。

CANBEでは、紹介したほかにも着まわしやすい長袖ワンピースを豊富に揃えています。ホームページもチェックして、ぜひお気に入りの1枚を見つけてくださいね♪

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください