ノースリーブワンピースの重ね着3コーデ♡あか抜けて見えるコーデのポイントも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、AYAです。

ついに夏本番!暑い毎日に、ノースリーブアイテムが欠かせない人もいるはず。一方で、ノースリーブは“二の腕の露出が気になる”という人も。

そんなとき、羽織ものを合わせた重ね着なら二の腕カバーができて安心♡羽織アイテム次第で、お気に入りのワンピースをロングシーズン着ることもできますよ♪

そこで今回は、ノースリーブワンピースの重ね着方法を3コーデ紹介します。

ノースリーブワンピースの重ね着3コーデ

LAUT BLUE(ラウトブルー)コッパマキシワンピース/グラデーション

ノースリーブに合わせる羽織アイテムを、大きく3つのカテゴリーに分けてコーディネートを紹介します♪トレンドを取り入れた、あか抜けて見えるコーディネートのポイントも合わせて解説していきます。

カーディガン合わせ

LAUT BLUE(ラウトブルー)アンジェロカーディガン

羽織アイテムとしてとっても便利なのが、カーディガン♡素材やデザインが豊富なので、ワンピースのデザインに合わせたアイテム選びが楽しめます。ショート丈やロング丈も選べるのが嬉しいポイント。

2022年のトレンドは、カーディガンをたすき掛けすること。あえてヴィヴィッドな色や柄入りのカーディガンを選んで、コーディネートのアクセントにするのがおすすめです。

着ないときにはたたんでバッグに忍ばせれば、持ち運びも便利。他のアイテムと比べてシワになりづらいところも、気軽に持ち運びやすい理由です。

シャツ合わせ

【soldout】roomy by the sea(ルーミーバイザシー)マシュマロオーバーサイズシャツワンピース

襟付きのシャツは、首まわりの紫外線・冷房対策にもおすすめ。前のボタンをすべて開けて着れば、それだけで縦のラインを作ることができてスタイルアップして見えます。

ボタンを閉めて着る場合は、上のボタンを1~2個開けて着れば自然とVネックが完成!顔まわりをすっきりと見せてくれるはず。

2022年のトレンドは、シースルー素材のシャツ。ゆったりとしたビッグシルエットのアイテムも豊富で、シースルー素材でも二の腕カバーが叶いますよ♡

ジャケット合わせ

【soldout】roomy by the sea(ルーミーバイザシー)ダメージデニムジャケット

デニムジャケットやレザージャケットなど、ジャケットを合わせれば着まわしの幅がより広がります。袖を通さずに肩に掛けることで、適度な肌見せも叶います♡

お気に入りのワンピースを春先や秋口でも着られて、ロングシーズン着まわせますよ。

2022年のトレンドは、ネイビーのブレザーを羽織ること。ブレザーなら、ドレスコードのあるレストランでも安心!上品で知的なコーディネートが完成します。

ノースリーブワンピースおすすめ4選

MOLABI(モラビ)近江ちぢみリネンマキシワンピース/オレンジ

ここからは、CANBEで販売しているノースリーブワンピースから、羽織ものを合わせやすいアイテムを紹介します♪どんな羽織アイテムが合うか、どう合わせたらよいか、コーディネートの参考にしてくださいね。

セパレートデザインでスタイルアップ♡パームツリー柄ワンピース

パームツリー柄タンクマキシワンピース

トップスとボトムスが分かれたセパレート風の、ノースリーブワンピース。リゾート感あふれる、パームツリーモチーフのデザインです。ベースカラーとモチーフカラーのコントラストがマイルドで、柔らかな印象。

羽織には、デニムジャケットやコンパクトなカーディガンがおすすめです。また、ロングカーディガンを合わせて縦のラインを強調すればすらりとした印象に。

パームツリー柄タンクマキシワンピース

バックスタイルもおしゃれなデザイン♡羽織を脱いでも、ぬかりなくおしゃれな印象です。トップス部分はコンパクト。1枚で着ても、スタイルアップして見えます。

総柄デザイン、同系色のひもを結ぶバックスタイルデザインで、首元のアクセサリーをつけなくても華やかな着こなしとなります。

コンパクトなジャケットと好相性♡ムーシャマキシワンピース

LAUT BLUE(ラウトブルー)ムーシャマキシワンピース

夏にぴったりな、ホワイトワンピース。Iラインを強調するデザインで、すらりとスタイル良く見せてくれます。

ウエストを絞ったデザインなので、着丈が調整できます。シルエットにも、メリハリが生まれます。デザイン性のある胸元のカットのおかげで、アクセ要らず。

コンパクトなカーディガンやジャケットとの相性がよく、羽織ってもバランスよく着こなしていただけます。

LAUT BLUE(ラウトブルー)ムーシャマキシワンピース

大胆なカッティングが印象的なバックスタイル。1枚で着れば、全体のアクセントとなります。ビーチリゾートには欠かせないワンピースです。

着用感は、こちらの動画でチェックいただけます!ぜひ、あわせてご覧ください。

シンプルなフロントデザインは通勤にも◎背中開きリボンワンピース

 roomy by the sea(ルーミーバイザシー)背中開きリボンノースリーブマキシワンピース

シンプルなデザインと、落ち着いたブラウンカラーで大人の印象のワンピース。

V字に開いた胸元のデザインはデコルテを綺麗に見せたり、顔まわりをすっきり見せたりします。ウエストの切り返しがメリハリのあるシルエットを作り、スタイルアップして見せてくれます。

 roomy by the sea(ルーミーバイザシー)背中開きリボンノースリーブマキシワンピース

実は、バックスタイルは大胆なカッティングとなったデザイン。共布のリボンを結び、大人の肌見せコーデが完成します。

フロントデザインがシンプルなので、ネイビーのジャケットを合わせれば通勤にぴったりです!会社を一歩出たら、ジャケットを脱いでアフターファイブを楽しんで♪

どんなコーデもマッチする万能アイテム♡ティアードマキシワンピース

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)ノースリーブVネックティアードマキシワンピース

ブラックのワントーンワンピースは、どんなシーン・アイテムともマッチする万能アイテム。一見シンプルながら、ギャザーをたっぷりあしらったティアードデザインで華やかな印象です。

裾に向かって広がるフレアデザインで、動くたびに揺れる様子もドラマチック♡軽やかに見えるので、夏でも重たい印象にならずに着こなしていただけます。

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)ノースリーブVネックティアードマキシワンピース

胸下から切り返しが始まっているので、脚長効果も期待できます。

カーディガンやシャツ、ジャケットを羽織るほか、1枚で着て首元にスカーフを巻くのもおすすめ。コーディネートにアクセントが生まれます。

羽織だけでなく、バッグやアクセサリーであなたの個性を光らせてください。

ノースリーブワンピースで重ね着コーデを楽しんで♪

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)小花柄グリーンカシュクールラップマキシワンピース

今回は、ノースリーブワンピースの重ね着方法を3コーデ紹介しました!ノースリーブのワンピースは、羽織るものによってロングシーズン着られるアイテムです。

CANBEでは、ほかにもたくさんのノースリーブアイテムを揃えています。ぜひお気に入りを見つけて、さまざまなコーディネートで着こなしを楽しんでくださいね♪

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください