春に着るロングワンピース♡気温差に対応できるアイテム選びのポイント4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、AYAです。

春になって日なたや日中は暖かくても日陰や夜は肌寒く、服装選びが難しい季節。薄着で出かけて、帰りは寒さでつい足早になるということもありますよね。

そこで今回は、春の気温差に対応できるロングワンピースの選び方を4つ紹介します。おすすめのワンピースやコーディネート方法も紹介するので、ぜひ、春のおしゃれの参考にしてくださいね♪

春に着るロングワンピース選びのポイント4つ

LAUT BLUE(ラウトブルー)ケイナマキシワンピース

春は服装選びが難しい季節。でもポイントをおさえれば、気温差の激しい季節でも安心なおしゃれが楽しめます。ここでは春に着るロングワンピース選びのポイントを、4つに分けて紹介します。

1枚で安心なロングスリーブを選ぶ

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)オリエンタル柄の長袖マキシワンピース

ロングスリーブなら、肌寒い春の日でも1枚でコーディネートが完成します。寒い日は上着を羽織ることで、より暖かい着こなしができます。

デザインによってはインナーやタートルネックのニット、カットソーを着ることもでき、幅広い着こなしが楽しめます。

丈の長さがしっかりとあるロングワンピースはブーツとの相性もよく、気温に合わせた足元のおしゃれも楽しみのひとつ。

どんな羽織ものとも、相性のよいノースリーブを選ぶ

 roomy by the sea(ルーミーバイザシー)小花柄ノースリーブマキシワンピース

ノースリーブならジャケットやカーディガンを羽織るときでも袖がゴロゴロせず、さらりと羽織れます。袖を通さずに肩掛けをするだけでも、おしゃれなコーディネートが完成。

ストールやショールとも相性がよく、ほどよい肌見せが叶うところもポイントです。

羽織にもなる、前開きのデザインを選ぶ

 roomy by the sea(ルーミーバイザシー)シフォンのシンプルマキシワンピース

シャツ型のデザインやラップスタイルのデザインなら、前を開けて羽織として着ることもできます。インナーにタートルニットとデニムを合わせれば、寒い日でも暖かく軽やかな装いが楽しめます。

暖かい日にはワンピースとして1枚で着て、スニーカーやパンプスとコーディネートするのもおすすめです。

軽やかな素材を選ぶ

MOLABI(モラビ)近江ちぢみリネンマキシワンピース/ピンク

秋冬に着ていたニットはしまい、春風になびく軽やかな素材で季節感を出しましょう。羽織として着る場合は特に、薄手の素材がおすすめです。

インナーであたたかさを調節しつつ、さわやかな印象を残せます。

また日差しが穏やかな春だからこそ、コットンやリネンなどナチュラルな素材もおすすめ。さらりと着られて、季節感も演出できますよ。

春に着るロングワンピースおすすめ4選

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)エスニック柄カバーアップ羽織り

ここからは、春のロングワンピースの選び方のポイントをおさえた、おすすめアイテムを紹介します。ぜひ、お手持ちのファッションアイテムとのコーディネートもイメージしながら、チェックしてくださいね♪

デニムやレザージャケットとの相性抜群!ホワイトマキシワンピース

LAUT BLUE(ラウトブルー)アルーアマキシワンピース

コットンレースが上品な、ホワイトマキシワンピース。胸下で切り返しになっていて、脚長効果があります。ふわりと広がるスカートが、ロマンティック。

スカートはティアードのようになっているため広がりすぎず、大人の女性にとっても甘すぎることなく着やすいデザインです。

春にはパステルカラーのストールと合わせて柔らかな印象に仕上げたり、夏にはヴィヴィッドカラーのカーディガンを肩掛けして爽やかな印象にしたりと、合わせる羽織でがらりと印象を変えられます。

リゾートシーンやウェディングフォトでも映える1枚です。

LAUT BLUE(ラウトブルー)アルーアマキシワンピース

しっかりと袖があるので、1枚で着てもコーディネートが完成します。

袖口にゴムが入っていて、上着を着るときでも袖がゴロゴロすることがないのも便利!デニムジャケットやレザージャケットとの相性がよいワンピースです。

こちらでは、着用動画をご覧いただけます。

ナチュラル素材が春らしい♡ノースリーブマキシワンピース

Sea Harbour(シーハーバー)コットンリネンノースリーブマキシワンピース

コットンリネンで作られた、ナチュラルな印象のワンピース。着るほどに肌になじむ感覚で、より愛着のわく特別な1枚になるはず。

頭からすっぽりと被るだけで着られるのも、嬉しいポイントです。計算されたAラインのシルエットが美しく、体型カバーを叶えてくれます。

Sea Harbour(シーハーバー)コットンリネンノースリーブマキシワンピース

シンプルながら、後ろ姿も手を抜かないおしゃれなデザイン。涼し気な素材で、湿気のある季節や夏にも活躍してくれるワンピースです。

こちらでは、着用動画をご覧いただけます。

羽織としても着られる♪タイダイ柄マキシワンピース

 roomy by the sea(ルーミーバイザシー)タイダイ柄カバーアップマキシワンピース

シックなモノトーンでありながら、タイダイ柄が美しいマキシワンピース。前開きのデザインなので羽織として着られる、2wayデザインです。

ラップスタイルのデザインで、くるりとまとうだけでワンピースとして着ることができます。

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)タイダイ柄カバーアップマキシワンピース

肌寒い日にはインナーとしてニットを着たり、日差しが強くなる頃にはTシャツやキャミソールと合わせて着たりするのがおすすめです。さらりとした素材で、軽やかな印象に仕上がります。

リゾートシーンでは水着の上から羽織れば、近くのカフェやレストランへも気軽に入れます。

袖の丸みが甘かわいい♡バルーンスリーブマキシワンピース

LAUT BLUE(ラウトブルー)モニカマキシワンピース

ロングスリーブのデザインで、肌寒い日でもさらりと1枚で着られるワンピース。丸みのあるバルーンスリーブが、甘さと可愛らしさを演出します。

ドロップショルダーの落ち感で着心地がよく、ほどよいリラックス感が出ます。リゾートシーンはもちろん、普段使いもしやすいデザインです。

LAUT BLUE(ラウトブルー)モニカマキシワンピース

やわらかな素材なので、ジャケットを羽織るときでも袖の膨らみは気になりません。シンプルな無地の素材なので、ジャケットを羽織れば在宅勤務のオンライン会議でも安心のコーディネートに。

ウエストの切り返しもなく、しめつけがないのでマタニティワンピースにもぴったりです。

春はロングワンピースでおしゃれを楽しもう♪

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)ノースリーブロングワンピース

今回は春の気温差に対応できるロングワンピースの選び方や、おすすめアイテムを紹介しました。

まだ肌寒く感じる日もある4月。気温に合ったコーディネートでお気に入りのロングワンピースを着て、春のおしゃれを楽しみましょう♪

CANBEでは、ほかにも春に着たいロングワンピースを多く揃えています。ホームページもぜひじっくりチェックしてみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください