大阪で「ホカンス」を♪日帰りプランもあるホテル5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、AYAです。

「ホテル」で「バカンス気分」を味わう「ホカンス」がいま、注目されています。おうち時間が増えた休日の、新しい過ごし方として話題となっています。

「ホカンス」はホテルに宿泊するだけでなく、日帰りでも楽しむことができます。

そこで今回は、日帰りプランもある大阪のおすすめホテルを紹介します!

「宿泊はハードルが高いけれど、思い切り気分転換をしたい」という方に、ぴったりの休日の過ごし方です♪

大阪で過ごしたい「ホカンス」とは?

出典:GAHAG

ホカンスとは、「ホテル」と「バカンス」を組み合わせた造語です。

ホテルでバカンス気分を味わう、新しい休日の過ごし方として注目を集めています。

大阪で過ごす「ホカンス」♪日帰りプランもあるホテル5選

出典:GAHAG

“ホテルで過ごす”と聞くと、1泊2日や2泊3日など宿泊を想像しがち。宿泊ではお子様がいらっしゃる場合や学校・仕事で忙しい方には、ハードルが高くなってしまうことも。

そこでぜひ利用してほしいのが、日帰りで過ごす「デイユースプラン」です。最近多くのホテルが「デイユースプラン」を提供していて、気軽にホテルステイを楽しめます。

ここからは、大阪でデイユースプランのあるおすすめホテルを紹介します。

コンラッド大阪(大阪府大阪市北区)

世界でも有数のラグジュアリーホテル「コンラッド・ホテル」。

大阪にある「コンラッド大阪」は、白く大きな螺旋階段が象徴的で洗練された印象です。ウェディングフォトスポットとしても人気を集めていて、プレ花嫁の憧れの場所となっています。

2022年2月現在、10:00~23:30の最大12時間滞在できるプランが提供されています。無料wi-fi完備なので、ワーケーションの利用にも便利。

館内には300を超えるアート作品が飾られていて、美術館を歩くように過ごすことができます。特に、40階のロビーフロアにそびえる作品は圧巻の迫力です!

感性が高まるホテルステイを、楽しんでみてはいかがでしょうか?

ウェスティンホテル大阪(大阪府大阪市北区)

大阪の都心に位置しながら、豊かな緑に囲まれた「ウェスティンホテル大阪」。ヨーロッパの雰囲気漂うクラシカルな佇まいが、心落ち着く空間です。

全客室41㎡(約26.5畳)以上の、広々とした空間。「雲の上の寝心地」とも言われる「ヘブンリーベッド」が置かれ、心地よい睡眠が約束されています。

2022年2月現在、記念日や誕生日に嬉しい「アニバーサリーデイユースプラン」もあります。華やかなホールケーキがお部屋に届くプランで、大切な人と過ごす1日に最適です。

W 大阪(ダブリュー オオサカ)(大阪府大阪市中央区)

2021年3月にオープンした「W 大阪」。マリオット・インターナショナルが運営する、ニューヨーク発祥ラグジュアリーホテル「W(ダブリュー)」が、日本初上陸したことで話題となっています。

また、日本屈指の建築家 安藤忠雄(安藤 ただお)氏がデザイン監修したことも、注目を集める理由のひとつです。

人気のアフタヌーンティーメニューをお部屋で味わえる、アフタヌーンティー付きデイユースプランもあり、のんびりとひとり時間を過ごしたい方にもおすすめです。

Zentis Osaka(ゼンティス オオサカ)(大阪府大阪市北区)

2020年7月に開業した「Zentis Osaka」。パレスホテルが展開しているホテルブランドで、ナチュラルなあたたかみのある空間が広がっています。デイユースプランは、最大12時間滞在可能です。

スタイリッシュなレストランでは、季節の食材をたっぷりと使ったメニューを味わえます。

また、パブリックスペース「Room 001」には、シューシャインスペースやフレグランスバーがあります。季節に合わせたフレグランスを無料で試すことができ、新しい自分に出会える場所。

アロフト 大阪堂島(大阪府大阪市北区)

2021年6月に開業した「アロフト 大阪堂島」。音楽クリエーターや音楽を愛する旅行客に向けた、新しいスタイルのホテル空間を提供しています。

館内のラウンジやバーは、海外のナイトクラブを思わせる華やかな空間。地元アーティストによるDJパフォーマンスもあり、活気にあふれています。

感性を刺激される「アロフト 大阪堂島」では、最大9時間のデイユースが可能です。

大阪で過ごす「ホカンス」に映える 鮮やかワンピース

 roomy by the sea(ルーミーバイザシー)花柄ティアードマキシワンピース/ターコイズ

大阪には洗練されたラグジュアリーホテルだけでなく、モダンで華やかなホテルも多くあります。日帰りでも思い切りバカンス気分を味わえるよう、鮮やかなワンピースで気分をより盛り上げましょう♪

ここからは、大阪でのホカンスで着たいヴィヴィッドなワンピースを紹介します。

大阪の“街”にも映える ドルマンスリーブワンピース

 roomy by the sea(ルーミーバイザシー)エキゾチックドルマンマキシワンピース

ターコイズカラーにブラウンやオレンジカラーが入った、鮮やかなワンピース。袖付きのデザインなので、1枚でさらりと着られるのが嬉しいポイント。

リゾートシーンに限らず街でも着られて、活躍の場が自然と増えます。モダンな雰囲気のホテルにマッチする、クールな印象のワンピースです。

 roomy by the sea(ルーミーバイザシー)エキゾチックドルマンマキシワンピース

バックスタイルは、柔らかなオレンジカラー。正面から見た場合とは、がらりと印象の変わるデザインです。ブラウンやゴールドと相性のよいカラーリングで、レザージャケットを羽織るのもおすすめ。

大人のリゾートファッションを体現できる タイダイ柄2wayワンピース

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)タイダイ柄カバーアップマキシワンピース

シックなモノトーンカラーが、ラグジュアリーホテルにもマッチするワンピース。ブラックのパンプスを合わせれば、コーディネート全体をいっきに格上げできます。

前を開けて羽織りものとして着ることもできるので、Tシャツとデニムに合わせてさらりと羽織るだけで違った印象に仕上げられます。

着回しができるので日帰りでのホカンスにはもちろん、宿泊で楽しむ場合にも便利なアイテムです。

大阪で日帰りホカンスを満喫しよう♪

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)Vネックキモノ花柄マキシワンピース

今回は、日帰りプランもある大阪のおすすめホテルを紹介しました。

日帰りでもたっぷりとバカンス気分を味わえる「ホカンス」。アフタヌーンティーを味わったり、ホテル内のプールでのんびり過ごしたりと、思い思いの過ごし方を楽しめます。

忙しい日常を忘れて、思い切りリフレッシュしましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください