1枚でお洒落が決まるマキシワンピ(ロングワンピース)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リゾート地に行く事が決まったら、何を現地で着ればいいのかを考えて持っていくようにしなくてはなりません。

何日間行くのかによってもどれだけの洋服を持って行けばいいのかが変わりますが、荷物が多くなればなるほど大変になるのは間違いありません。

リゾートワンピースは現地調達?事前調達?

現地でおしゃれをしようと思うと、どうしてもいくつものリゾートファッションITEMを持って行かなければならないかもしれないと思ってしまいますが、実際にはたくさんのアイテムを持って行く必要はないといえるでしょう。

選ぶものによってはそれだけでおしゃれに見えるようなアイテムもありますので、たくさん洋服を持って行かなくても大丈夫です。

いくつものアイテムを組み合わせなくてもおしゃれに見せてくれる便利なアイテムといえば、リゾートワンピースですね!

リゾートワンピースの中でも1枚でサラッとお洒落が決まるマキシワンピ(ロングワンピース)はリゾート地への旅行にマストITEMです。

Tiare Hawaii(ティアレハワイ)ベアトップマキシワンピース
Tiare Hawaii(ティアレハワイ)ドゥーンマキシワンピース
Tiare Hawaii(ティアレハワイ)インディゴマキシワンピース

リゾートファッションにも最適なものともいえますし、ロングワンピースになりますので、足元をうまく隠してくれるようになります。

リゾートワンピースの露出が気になる場合は?

リゾートワンピースの露出が気になる方はカーディガンなどの羽織りものも一緒に持って行かれるのがおすすめです。

白色の羽織りもの、カバーアップですと、どんなデザイン&カラーのリゾートワンピースにも合わせやすい万能コーディネートアイテムですので、おすすめです。

コットンシボロング丈カーディガン/ホワイト
LAUT BLUE(ラウトブルー)ポンポンカバーアップサロン

  一枚だけでおしゃれに見えるのでとても楽ですが、一枚余分に上着を持って行っておけば寒さ対策にすることが出来ます。

リゾート地というのは、外にいるときと店内にいるときの気温差が激しいですので、寒さを感じてしまうことがあるかもしれません。

上着を一枚持って行くのであれば、どんな柄や色にも合わせられるように、白などを選んでおけばリゾート気分を損ねることもありませんし、おしゃれ感を失うこともありません。

せっかく一枚でおしゃれに見えているというのに、上着で失敗をしてしまってもいけませんので、上着に関してはマキシの良さを損ねないシンプルな色とデザインにしておくほうがいいでしょう。

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)かぎ針編みカーディガン

リゾート地に行ったからといっても水着を着る予定がないような人の場合は、水着でもないのに足を出すというのは抵抗があるものです。

水着になるの出れば仕方なく足を出すしかないかもしれませんが、水着を着ないのであれば、リゾート地に行ったからといって開放的に肌を露出しなければならないということはありません。

 マキシワンピはその一枚だけでおしゃれ感がある服装になりますので、リゾート地に行く時には必ず持って行きたいものの一つになるでしょう。

一枚だけでおしゃれになれるのであれば、旅行に行く前に何を持って行けばいいのか迷う必要もありませんし、現地でも迷うことはありません。

今日は何を着ようかと迷う時間はもったいないですし、貴重なリゾートで地の時間を無駄にすることになります。

 迷う時間を作らなくてもすむマキシワンピは旅行に行く日数分持っていくようにしておけば、おしゃれに時間を割く必要もないのに、みんなから素敵な人だと思われるに違いありません。

マキシワンピ初心者の方におすすめ!

今までマキシワンピを着たことがない人の場合、心配になるのが暑くないのかという点があるでしょう。

足元まであるスカートは、リゾート地では暑いのではないかと思いがちですが、逆に涼しささえも感じる事もあるはずです。

肌を露出していると、それだけ太陽の光を浴びることになりますので、直接肌を焼いてしまうことになり熱さをじかに感じるようになります。

しかし肌を隠すようになるマキシワンピの場合は、直接太陽の光を足元があびることもありませんので、暑さを感じにくくできるようになるのです。

それだけではなく、薄い生地の場合は風通しもよく、歩くたびにスカートの中で風が起きるような感じになり、涼しく感じられるようになっています。

おしゃれに着こなしてみたいけど、暑さが心配だという人にも安心ですので、気温が高いリゾート地で履いていても問題はないはずです。

マキシワンピ(ロングワンピース)初心者の方におすすめITEM!

LAUT BLUE(ラウトブルー)ジパングマキシワンピース/アイボリー
LAUT BLUE(ラウトブルー)ジパングマキシワンピース/ネイビー
LAUT BLUE(ラウトブルー)ジパングマキシワンピース/カーキー

おしゃれなマキシワンピを着たいのであれば、柄にこだわるようにしてみてもいいでしょう。

リゾート地で着用したいマキシワンピ!

   一色だけで作られているものもありますが、リゾート地で着るのであれば、柄が入っている方がおしゃれに見えるようになっています。

roomy by the sea(ルーミーバイザシー)Vネックキモノ花柄マキシワンピース
roomy by the sea(ルーミーバイザシー)ポンポンVネックマキシワンピース/ピンク
LAUT BLUE(ラウトブルー)チャーイマキシワンピース

 花柄も素敵ですし、何の柄なのかわからないような幾何学的な模様の柄もおしゃれに見えるようになっていますので、シンプルながらよりも複雑な柄を選んだ方がおしゃれに見えるかもしれません。

 色に関しても、一色や二色だけの物よりも、数色含まれているもののほうがいいですので、おしゃれな模様を探してみるといいでしょう。

 足元までしっかり隠してくれるマキシですが、何を履くかも考えておく事です。

リゾート地に行くのですから、足元まですっきりさせていた方がマキシにはよく合いますので、ミュールやサンダルを選べば失敗がありません。

コルクサンダル2ベルト
シャワーサンダル2ベルト

日本にであればシンプルまマキシワンピでしたらスニーカーと合わせてもカジュアルお洒落ですが、リゾート地に行くからには涼しげな足元にしたいところですので、ミュールやサンダルで軽さを出していくようにした方がいいでしょう。

深く考える事もなくすっぽりと一枚だけ着て出かければいいとなれば、リゾート地以外でも活躍の場はたくさん出てくるはずです。

2019年も注目のトレンド、リゾートワンピースでお洒落コーデをお楽しみください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください